スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

EXILEの新曲「ふたつの唇」が月9ドラマ『東京DOGS』の主題歌に決定!

JUGEMテーマ:EXILE

 EXILEの新曲「ふたつの唇」が、フジテレビ系で10月19日に放映が始まる月9ドラマ『東京DOGS』の主題歌に決定しました。
 
主題歌となる「ふたつの唇」は、EXILEの第2章の代表曲「Lovers Again」や、大ヒットを記録して昨年の日本レコード大賞受賞した「Ti Amo」を作詞した松尾潔が書き下ろしたもの。

EXILEが月9ドラマで唄うのは、デビュー曲であり、『できちゃった結婚』の挿入歌になった「Your eyes only〜曖昧なぼくの輪郭〜」以来で、実に8年ぶりこと。
「ふたつの唇」は、メンバー全員で綿密に打ち合わせをし、まったくの白紙状態から作り上げたという力作で、男女を問わず共感をよぶ切ないバラードに仕上がっています。

さらに、挿入歌もEXILEらしいスピード感あふれるダンス・ナンバーが制作され、ドラマのシーンを盛り上げてくれるそうです。

『東京DOGS』は、主演の小栗旬演じるNY警察のエリート刑事の高倉奏と、水嶋ヒロ演じる警視庁特殊捜査課の工藤マルオという、性格も捜査方法も全く違う2人の刑事を中心にしたシリアスコメディー。
この刑事2人組の「迷コンビ」が、数々の事件を通じて「大爆笑」に「勇気」「友情」、そして「恋」を展開してくれる。
小栗旬と水嶋ヒロが、昔懐かしいコンビのゆるくて、おバカな掛け合いを演じています。

脚本は、あの『33分探偵』の原案・脚本を手掛けた福田雄一だということ。

今度の月9は、EXILEの主題歌だけでなく、脚本・キャストなども魅力のドラマになりそう。
これは見逃さなようにしないと!

| EXILEの新曲「ふたつの唇」が月9ドラマ『東京DOGS』の主題歌に決定! | テレビドラマ主題歌 |
| comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

香取慎吾演じる「両さん」が『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主題歌を唄う!

JUGEMテーマ:SMAP

 香取慎吾演じる「両さん」が『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主題歌を唄う!

SMAPの香取慎吾が主演をつとめるTBS系ドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主題歌を、香取が演じる主人公・両津勘吉巡査長の愛称「両さん」名義で歌うことが決定した。
このドラマは8月1日(土)7時56分からにオンエアが開始されるのだが、これは同じSMAPの木村拓哉主演の人気ドラマ『MR.BRAIN』の後釜枠ということになる。

『こち亀』といえば少年コミック「ジャンプ」誌上で1976年から30年以上連載を続け、単行本164巻の売り上げが累計1億5,000万部以上を記録する、超有名な人気マンガ。

熱心なファンからは、香取慎吾が「両さん」を演じる今回のキャスティングに対して、「完全なるミスキャスト!」「年齢設定、身長、すべてイメージと違い過ぎる」「秋本治(作者)はそれでOKを出したのか!?」「またしても名作がジャニタレに冒されてゆく」など非難が相次いでいるそうです。

『こち亀』はテレビアニメとしても放映されており、「両さん」の声を担当しているラサール石井にするべきだという声もある。

これまでも『忍者ハットリくんTHE MOVIE』でハットリくん、さらに『西遊記』(フジテレビ)で孫悟空役をと、ヒットをさせてきた香取が、これらの声をどう抑えていくのか?
楽しみですね。

主題歌の曲名は同じ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で、8月5日に発売することも決定。
ポップで明るく子供も楽しめる曲調だということ。
「慎吾ママ」「ハットリくん」に続くキャラクターソロ第3弾は、ミリオンヒットとなるか!?

それにしても、ジャニーズの力恐るべし!

| 香取慎吾演じる「両さん」が『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主題歌を唄う! | テレビドラマ主題歌 |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

柴咲コウの新曲「ラバソー〜lover soul」がテレビドラマ「オトメン(乙男)」主題歌に!

JUGEMテーマ:柴咲コウ

 柴咲コウの新曲である「ラバソー〜lover soul」が、フジテレビ系ドラマ「オトメン(乙男)」主題歌に決まりました。

ドラマ「オトメン(乙男)」は“乙女心を持った男の子”」と“かわいらしいがおとこ気あふれる女子高生”のラブコメディー。
その主題歌には、そんな主人公の思いなどどが盛り込まれています。

作詞を手掛けたのは柴咲コウ自身で、「“乙女心を持ったメンズ”という言葉をきいて、男性に云われたい、想われたいことと、女の子が想う恋する気持ちと男の子が持っている独占欲、そういったものをミックスさせて作ってみました」と語っています。
また、「形はどうあれ2人の気持ちは純粋、大好き!でも揺らぐ・・そんなオトメ心を、男女の感情をミックスさせてつくりました」とも言っています。

主演の岡田将生は楽曲を聴いて、「ロック調でカッコイイと思いました。女の子の切ない気持ちが、男の人が聞いても伝わる、わかる、曲だなぁと思いました」とコメントしています。

そう、柴咲コウと言えばミディアムチューンやバラードのイメージがありますが、今度の新曲はロックで、自身初挑戦となります。

実は、プライベートで柴咲コウが好むのはロックテイストで、コンサートに行くこともあるそうです。

そんな彼女が唄う念願のロック!
ファンなら早く聴きたいのではないでしょうか?

この新曲『ラバソー〜lover soul』は9月にリリースされる予定だとか…
その前に、8月1日から始まるドラマのオンエアでチェックしておきましょう!

| 柴咲コウの新曲「ラバソー〜lover soul」がテレビドラマ「オトメン(乙男)」主題歌に! | テレビドラマ主題歌 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

木山裕策の新曲「I believe」がテレビドラマ「科捜研の女」の主題歌に決定!

JUGEMテーマ:木山裕策

木山裕策の新曲「I believe」がテレビ朝日のドラマ「科捜研の女」の主題歌に決定しました。

「I believe」は、8月26日に発売される木山裕策のセカンドシングル「I believe/永遠」に収録されており、同じく収録されている「永遠」(テレビアニメ「スキップ・ビート!」新エンディングテーマ)と共に両A面シングルとなっています。

どんなに悲しいことがあっても、「愛」が世界を変えていけるんだというメッセージが込められた歌。
辛いことがあっても前向きに生きていこうという想いが伝わるよう、心を込めて歌いあげています。

木山裕策と言えば、一度あきらめたプロへの道を、甲状腺の悪性腫瘍を克服したことから、「自分の声をCDに残して子供達に聞かせてあげたい!」と改めて挑戦。
日本テレビの番組『歌スタ!!』から39歳でデビューし、昨年の紅白にも出場を果たしたという異色の経歴の持ち主。

そんな木山裕策にとってはドラマの主題歌を歌うのは初めてとのこと。
「テレビドラマの主題歌を歌わせていただけるなんて、本当に夢のようです。僕は若い頃、脚本家を目指していたので、こんな形でドラマに参加出来ることを誇りに思います。素敵なドラマに少しでも華を添えられれば幸いです。」とコメントしているそうです。

| 木山裕策の新曲「I believe」がテレビドラマ「科捜研の女」の主題歌に決定! | テレビドラマ主題歌 |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

| 1/1PAGES |